2009年08月

2009年08月31日


「ミーナの行進」小川洋子■少女漫画要素たっぷり。友情とか、初恋とか、秘密とか、時にファンタジーな場面とか、少女ならではの空想とか。語り手の少女が、素敵な洋館に住む従姉妹とその家族たちと過ごした1年と、その後の物語。ありきたりな悲劇などがなく、読後感も良し!「キャンディ☆キャンディ」を小説で読みたくなった。

「1Q84」村上春樹■深読み本とか解説本とか、確かに読みたくなる。が、普通にエンターテインメントとして、楽しめた。特に1巻目。2巻目はSF色が強くなってきて、ちょいと心が離れた。

(23:50)
30日、日曜。
「まゆげのお姉さんのゴール、観る!」と
半べそをかいてイモトのゴールの瞬間を待っていた長女(3歳)。
選挙特番がはじまり、もうゴールしてるだろう、
という時間になってもなかなかその映像は流れない。
ゴールシーンはいつ放映されるのか質問すべく、
私は受話器を片手に日テレに電話し続けるも、全くつながらず。
「録っといてあげるから、もう寝よう」と娘をなだめ、私も風呂へ。

31日、月曜。
選挙特番の平均視聴率トップだったのは日テレ。
最高視聴率の時間帯は24時間テレビ放映直後。
まんまと日テレの戦略(かどうかはわからないけど)
にはまった、我が家。
朝、がんばった人のゴールを観ることができた娘は満足げ。
「まゆげがなかったよ!」と楽しそう。よかったよかった。

夏、終わり。

(23:23)

2009年08月26日

ツチオーネ

おむつ替え部屋兼授乳室アリ、座敷アリ、トリップトラップアリ、
そして、おいしいご飯&ケーキ&ドリンク、アリ。
こどもメニューもアリ。

子連れに最適なお店。子連れじゃなくても。

んで、自由が丘までお散歩。九品仏浄真寺を抜けて。

最高。

(21:32)

2009年08月19日

「1Q84、どの辺まで読んだ?」と配偶者に聞かれ、
いつでも空いた時間に読めるようにと
ダイニングテーブルに置いてある「1Q84」を手に取り、
しおりが挟んであるページを開いたら、、、

465a5898.jpg

・・・いた。

きのう、私がそっと配偶者の机に置いておいたのに。
すっかり、しおりになっていた。
あんまりにちゃんとした、しおりになっていた。

本を閉じるとこんな感じ。
5950f243.jpg

ちょっと、こわい。


(22:21)

2009年08月17日

配偶者が新聞をちょきちょきと切り抜いていた。
仕事の資料かなにかかと思ったら
これだった。

a2f05468.jpg


すんごい、まっすぐ。



(12:47)