2008年12月

2008年12月28日


「真鶴」川上弘美■川上弘美、連ちゃん。芸術選奨文部科学大臣賞受賞作品。登場人物…主人公の40半ばの女性、失踪した夫、恋人、「ついてくる」女、母と娘。なんというか、幻想的でありながら、主人公の女性、京の意識の底を、ドキリとするようなことばで表現しているのが、胸にじわり、と迫ってきた。

「どこから行っても遠い町」川上弘美■やっぱりこのひとの小説、文章、好きだな、と思うと同時に、そんな自分がとても女々しくて、フワフワしたものにいまだに憧れを持ってて、大人になれてないんじゃないか(まあ、一般的にみたらなれてないんだけど)、と思ったりもする。が、なんというか、強い欲がない、ありのままの自分を受け入れて、小さなできごとを、深く考えぬく(それもさらりと、とても格好よく)登場人物たちに惹かれてゆくのである。優しい短編集。

「告白」湊かなえ■新聞広告や、本屋で平積みになってるコーナーであまりに目にするので買ってしまった。説明過多で、想像力をまったくかきたてられず。が。物語の吸引力はすごい。あっという間に読み終えてしまった。

「マイ・ロスト・シティ」スコット・フィッツジェラルド/村上春樹訳■うっとりするような描写・表現に心奪われる。大学生のころ、「華麗なるギャッツビー」を読んであまりピンとこなかったが、再読してみたくなった。

CD
「David Cook」David Cook■もしこれがレコードであったなら、針を落とす手が震えていたであろう。嗚呼、最新テクノロジーは、風情とか味わいとかいったものを一切、奪ってしまった。私は手のひらにのるほどの小さなマシーンにそっと触れるだけで、聴きたい音楽を聴けてしまうのである。・・・良い悪いはおいといて、彼の声をアルバムという形で聴けただけで、感無量、なのである。アメリカンアイドルシーズン7の優勝者のデビューアルバムである(正直、イマイチだったが)。準優勝者・アーチュレタのほうも聴いてみよ。

「VOICE」中島美嘉■なにをかくそう、ミカリンの3年だか4年だか前のアルバム「MUSIC」を聴いて、ぶっとんで、すぐさまコンサートまで行ったことがあるのである。それからはあまり聴いていなかったけど、このアルバム、久々にすんばらしい!毎日通勤時間に聴いているので、まるで読書が進まない。

(23:55)

2008年12月22日

「公園行くぅー」とねだる娘に対し、
「さっき、食べちゃだめって言ったお菓子、
食べちゃったから今日は行かない」
「風が強いから今日は外に出ないほうがいい」
とかなんとかムリヤリ外出拒否を決行し(ほんとに悪いと思っている)、
昼12時~17時まで、M-1敗者復活戦のTV中継を
つけっぱなし(もちろん録画)。
夜の決勝も見逃すまい、と、夕飯は出前。
優勝者を見るまでは娘を風呂に入れる準備も
あとまわし(ほんとに悪いと思っている)。

上位3組は、予想どおり。
ナイツは、M-1の空気にのまれてしまった。
オードリーは1本目のほうがおもしろかった。
NON STYLEはやはりあまり好きではないけど、
ウマかった。ひたすら、ウマかった。
今田耕司は、もう審査員になったらいい。
矢口真里は、来年、司会をしたらいい。
そして。
大林素子がほぼ映らなかったのが、ちょっとだけ可哀想だった。

(23:43)

2008年12月16日

90834e7a.jpg

うちから走って5秒のところにあるお花屋さんで
つくってもらったリースを、今月アタマから玄関に飾っている。
我らがヨンロク世代の親たちと同じくらいの年の夫婦がやってる、お花屋さん。
ふたりとも美男美女で、センスもよく、「このくらいの大きさで」
と、お願いしたら、こんな可愛いリースが出来上がってきた。

約1年前のある日、「明日から娘を保育園に預けて働き始めるんです」
と言いながら、私はそのお花屋さんのおばさんの前で
メソメソしてしまったことがあって、ちょっとだけおこられた。
「しっかりしなさいよ、子供は平気よ」

今では保育園の帰りみち、娘が大きな大きな声で
お花屋さんに「ただいまー!!」と叫んでいる毎日だ。

(21:50)

2008年12月08日

ナイツが出るのはあたり前だが、
モンスターエンジン、漫才できるのだろうか?
大好きだから嬉しいけど、心配だ。

笑い飯は、M-1に出始めたころは面白かったが、
どうだろう。キングコングは問題外だ。
なんでまた出るんだ。

U字工事もよかったよかった。
NON STYLEは、好きではないけど、
かなり練られた漫才をするので、納得。

ザ・パンチはつっこみのほうが気持ち悪いと思うんだけど。
ダイアン、ての、知らない・・・

それより、オードリーが出ないのはなんでだ。
確かに、面白いんだけど、まだ安定感が無いときがあるからか。
が、敗者復活に期待したい。
あと、好きではないけど、はんにゃフルーツポンチなんかも
敗者復活で注目されるのではないだろうか。

・・などと家で話していたら、
「ずいぶんとお笑い好きな女になったもんだ」と家族に言われた。

確かに、自分でもちょっと身震いがした。こわい。

しかし、ちょいとした隙に、
ユーチューブでモンスターエンジンの漫才を
チェックしていた家族も相当、お笑い好きだ。

(23:53)
かれこれ四半世紀にわたる付き合いとなる友人が、
つい数日前、赤ちゃんを産んだ。初産だ。
彼女とは中学校が一緒で、卒業後もかなり頻繁に会っている。
1~2ヵ月会わないと、「久しぶり」くらいな。
最近でも、仕事を終えて、駅に向かうまでの間に、
用もないのに電話をしてしまったりするような関係だ。
ちょいと苦労もあった出産だったので、
知らせをうけたとき、
受話器越しに、ふたりして、ひっくひっくと泣いてしまった。

彼女の家にもよく遊びに行ったものだった。
彼女のお父さんは、バイクが趣味で、それを仕事にし、
レースに出たりする、とてもパワフルなひとで、
私が30歳あたりの年齢のときに彼女の家に遊びに行くと
「また来たのかー」だの、
「まだ結婚しねーのかー」だのと声をかけてくれた。
口は悪いが、よくしゃべり、
あったかくて、気取らない、ステキなお父さんだ。

そんなお父さんだから、初孫ができて、
すんごい喜んだでしょう?と彼女に聞くと、
「だっこしたまま、なんにも言わなかった」という。

その姿を見たら、私も何も言えなかっただろうなあ。

(22:12)