2004年11月

2004年11月30日

映画
「理由」*12/18公開■宮部みゆきの原作本は読んだことないです。映画はおもしろかった。
「Mr.インクレディブル」*12/4公開■子どもをもつお父さんが、これを観ると泣くという。それが、泣ける。というか私も泣いちゃった。お父さんじゃないけど。
「アンナとロッテ」*12/11公開■離れ離れになった双子の翻弄される運命。戦争。引き裂かれた恋。境遇の違い。文芸もの。一大叙事詩。大河ドラマ。たまにはこういうのもいいね。
「誰も知らない」■期待していなかったのもあったが、ちょくちょく心が痛くなるシーンがあった。つらいのと、なんだか温かいのと、両方。
「きみに読む物語」*2月公開■主演俳優(ライアン・ゴズリング)の舞台挨拶付試写。ゲストはゆーこりん。立ち振る舞いとかちょっとしたコメントとか、ああ見えてけっこうしっかりしてるな、って思った。あ、映画?めちゃくちゃ良いです。いや、ほんとに。

ライブ
ひとりTOMOVSKYat QUE■こんな年になって音楽にドキドキできることが嬉しい。ビデオと共演したり鍵盤弾いたりギター弾いたり。ほんとに素敵な38歳、トモさん。


「百鬼園随筆」内田百けん■ああ、こういうことは笑い飛ばせばいいんだ。大人になってもだだをこねていいんだ。無邪気なおとなのつれづれ。
「MISSING」本多孝好■リアルな感じがしないんだよなー、あ、いいのか、小説だから。キレイな文章

舞台
「イケニエの人」大人計画■劇団員全員出演、松尾スズキ書き下ろし新作。いつもより、ちょい浅い感じだー

(17:45)

2004年11月10日

昨日、友人Gに、
「滑稽だよね」と言われた。

〔滑稽〕言動がおどけていて、おもしろくおかしいこと。また、ばかばかしくておかしいこと。

光栄です。

(13:42)

2004年11月01日

昨日、8年ぶりに再会した友人(♀)が
森山未來くんの大ファンでした。

そういえば前から男性の趣味が似ていました。
8年という月日が一気に縮まりました。

あ、スケール小さくてごめんなすって。

(19:42)